コラム

HOME > コラム

コラム

東洋と西洋の叡智から次世代リーダーを育成する「iLEAD」プログラム ニューヨークのキックオフレセプションで交流を深める

「フォーブス中国語版」が2014年におこなった調査では、上場する民間企業1485社のうち同族会社は50.3%。アメリカでもジョンソン社をはじめ、M&Mチョコレートのマース、自動車のフォード、小売のウォルマートなどが同族会社だ。グローバル化が進む中で、スムーズな事業承継が大きな関心を集めているいま、"アントレプレナーシップ"は起業だけではなく、事業を持続させるカギともなる重要な要素だ。

「iLEAD (Intergenerational Leadership Entrepreneurial Accelerated Development)」は、東洋と西洋の叡智を集結したユニークな次世代リーダーシップ開発プログラムだ。長江商学院、コーネル大学ジョンソン経営大学院(Smith Family Business Initiative)、ネクストオポーチュニティーグループ、US-チャイナパートナーズが提携し、開催地となる中国・アメリカ両国をはじめ各国の同族会社の後継者育成を行う。受講者はニューヨーク、フィラデルフィア、北京と上海に滞在し、3週間という短期間のうちに 経営者としてのスキルや現実的な対応方法を学び、参加者間のネットワーク構築をおこない、次世代のリーダーの素養を身につけてゆく。

先日ニューヨークで開催されたキックオフレセプションには80名近くの人々が集った。スパイダーマンなどアメリカンヒーローの殆どを生み出したマーベル・エンターティメントのピーター・クネオ元CEOやコーネル大学ジョンソン経営大学院副学院長のエリザベス・マニックス氏らの講演に耳を傾け、交流を深めた。本プログラムは講義の内容もさることながら、中国とアメリカという二大大国の次世代リーダーたちとネットワークを構築できるまたとない機会。後継者教育を検討中の日本企業にもぜひ参画していただきたい。


「iLEAD」プログラムは下記の日程で開催される。
アメリカモジュール:2015年6月7日-17日
中国モジュール:2015年7月12日-22日

プログラム詳細はこちらから(英語版) http://english.ckgsb.edu.cn/content/ilead


この記事は下記を翻訳・編集したものです。

http://english.ckgsb.edu.cn/event_content/east-meets-west-ilead-experience-reception#.VZPOA0bMh68  

©2015長江商学院 無断転載を禁じます。 

MBAビデオ
アクセス
お問い合わせ
コラム